紫水会会則

第二東京弁護士会紫水会
会則

第1章 総則

第1条(名称)

本会は、第二東京弁護士会紫水会(以下「本会」という)と称する。

第2条(目的)

本会は次の事項を目的とする。

  1. 基本的人権の擁護と弁護士活動の発展に努める。
  2. 司法制度とその運用の改善に努める。
  3. 第二東京弁護士会及び日本弁護士連合会、その他関係諸団体の活動の充実と運営の適正をはかる。
  4. 会員相互の研鑽と親睦をはかる。
第3条(活動)

本会は、前条の目的を達成するため、次の活動を行う。

  1. 当面する諸問題について研究・討議し、必要に応じ活動方針を決定し、その実現に努める。
  2. 研究活動を行ない、相互研鑽にはげむ。
  3. 弁護士会その他関係諸団体の活動に協力し、広く適材を推挙する。
  4. 会報を発行する。
  5. その他親睦を深めるための諸活動を行う。
第4条(基本方針)
  1. 本会は、排他的なイデオロギーによってではなく、法曹としての友誼と信義に基づいて相い集う。
  2. 本会の活動及び運営にあたっては寛容の精神を基盤とし、相互の意見と人格を最大限に尊重する。
  3. 重要事項の決定に当たっては、会員の大多数が賛同できるよう最大の努力を払う。
  4. 会員は、自己の良心に従い、意見を留保することができる。
第5条(会員)
  1. 本会は第二東京弁護士会会員のうち、本会の目的及び基本方針に賛同する者を以て構成する。
  2. 新たに入会しようとする者は、会員の推薦により、幹事会の承認を経て、入会することができる。
第6条(会友)
  1. 本会は、第二東京弁護士会会員のうち、本会の目的及び基本方針に賛同する者を、幹事会の承認を経て、会友とすることができる。
  2. 会友は、本会の諸活動に参加することができる。但し、議決権を有しない。
第7条(総会)
  1. 本会の総会は、定時総会及び臨時総会とし、定時総会は毎年5月に開催し、臨時総会はその必要がある場合に随時開催する。
  2. 総会は、常任幹事会が召集し、事前に審議事項を会員に通知する。
    但し、出席会員の過半数が賛成した事項は、これを審議することができる。
第8条(議決事項)

次の事項は総会の議決を要する。

  1. 幹事の定数及びその選任
  2. 会費の決定
  3. 会則の改正
  4. 解散
  5. その他、幹事会において必要と認めた事項
第9条(議決方法)

総会の議決は出席会員の過半数をもってこれを決する。
但し、前条第3号及び第4号に関する議決は出席会員の3分の2以上の多数を要する。

第10条(幹事会)
  1. 総会において選任された幹事は、幹事会を構成する。
  2. 幹事会は、本会の活動及び運営にあたる。
  3. 幹事会は、必要に応じ、本会の活動を組織、研究、広報、会計等の担当別に区分し、幹事及び常任幹事をしてその運営に当たらせることができる。
第11条(常任幹事会、常任幹事、代表幹事)
  1. 幹事会の互選により常任幹事若干名を選任する。
  2. 常任幹事は常任幹事会を構成し、互選により代表幹事1名及び副代表幹事2名を選任する。
  3. 代表幹事は本会を代表し、代表幹事に事故あるときは、副代表幹事がこれを代行し、常任幹事は常任幹事会のもとに本会の常務を行う。
  4. 常任幹事会は、必要に応じ、幹事会を召集し重要事項について、審議をうけるものとする。
第12条(任期)

幹事、常任幹事、代表幹事、副代表幹事の任期は各1年とする。
但し、本会の活動の継続性を確保するため再任を妨げない。

第二章 会計

第13条(会費)

会員は、総会によって定められた会費を納入しなければならない。

第14条(会計年度)

本会の会計年度は、毎年4月1日に始まり、翌年の3月31日に終る。

第15条(会計報告)

幹事会は、定時総会において前年度の決算を報告し、その承認をうけなければならない。

第三章 附則

第16条

この会則は、設立総会で承認を受けた日から施行する。

以上